人気ブログランキング | 話題のタグを見る

お江戸料理P-3です。

お江戸料理P-3です。_b0033423_16543351.jpg日本ビジュアル生活史
「江戸の料理と食生活」原田信男・偏 小学館
 
 江戸時代260年を通じて発展した素晴らしい料理や食文化は 現代よりも遥かに素朴な環境で
あったろうと推測されますが 生活の知恵と創意工夫に置いては 現代よりも実に心豊かさが滲み
出ていて目を見張る面が有ります。この本を開く度に 身が引き締まる思いです。お勧めです。

「江戸の料理と食生活」の中から 久々のお江戸料理に又挑戦しました。
今回は「なんきん粥」を作ってみました。
 
昔から冬至と言えば「冬至唐なすだよ。」これを食べなくっちゃね。
と 冬至には母が必ず南瓜を煮てくれた事が思い出されますが 今回のお江戸料理は
「なんきん粥」です。南瓜に小豆を加えたお粥です。南瓜はビタミンA.Cなどが含ま
れて居ますが小豆を加える事で更に食物繊維も取れちゃうし 低カロリーも又嬉しい
ですね。

 お江戸の人々は お粥や雑炊は「お米が少なくて済む様に具を多く混ぜる」と言う
意味合いも有った様で これならおかずが無くても大丈夫ですね。
普段から節約の効用を唱えて いざと言う時に困らないように備えようと言う訳です。
私も見習わねばいけません。(汗)

※材料及概量(4人分)

☆米:1/2カップ(80g)
☆水①:(500cc)
☆塩:小匙1/4 水の0.3%
☆カボチャ:小1/4個(正味100g)

☆小豆:20g
☆水②:1.5カップ

1、カボチャはまだらに剥き1cm角に切る。
2、小豆は水洗いし、水②と共に鍋に入れる。最初は強火にし、煮立って来たら
 中火にし約30分煮る。途中、水が無くなったら差水をし、軟らかくなる迄茹
 でる。
3、米は水洗いし、厚手の鍋に水①と塩を入れ、強火にかけ、噴き上がって来た
 ら1のカボチャを入れ再び噴いて来たら、火を止めあくをすくい、約35分炊く。
 小豆を加えて更に5分煮て器に盛る。
【留意点】
 あずきは少しで煮たら 不経済なので多めに煮て冷凍保存をしましょう。

それではお写真です。「なんきん粥」はお江戸料理ですが

ついでに 「カボチャと小豆のゼリー寄せ」も作ってしまいました。
こちらはあきのオリジナルです。(簡単なレシピを追加しました。)

人気blogランキング
励みになります。↑ここをぼちっと一票お願いします。o(*^ー^*)o

お江戸料理P-3です。_b0033423_18263471.jpg

お江戸料理P-3です。_b0033423_18265115.jpg

「カボチャと小豆のゼリー寄せ」
☆カボチャは裏ごしをします。(パスタの笊でこしました!!)+三温糖で
 さっと火に掛けて下さい。
☆小豆も+三温糖/塩少々で火に掛けて下さい。
☆ゼライスは箱にゼリーを作る時の分量が書いてありますので それより少し
 多めに火に掛けて溶かします。私は目分量で作ってしまいましたので。(笑)
※ゼライスは熱い内に先ずはカボチャと混ぜて少しぬるめになったらグラスに
 注ぎ入れます。固まったら小豆はそのままカボチャの上にそっと盛り付け溶
 かした残りのゼリー液を少しかけて 冷蔵庫で冷やしますと美味しいです。
お江戸料理P-3です。_b0033423_1827418.jpg

by al17 | 2007-04-18 18:37 | 江戸時代の料理を再現 | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : https://al17.exblog.jp/tb/6749031
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by seisui at 2007-04-18 22:06 x
こんばんは^^
今日のも、美味しそうですね!
南京と小豆の、煮物って、自然食の世界では
よく登場する、栄養満点!と絶賛されてる定番料理ですよね。
それが、お粥になると、ますます満点度アップ!
ゼリー寄せも、美味しそうなんで、
作り方も、載せてもらえたら嬉しいんですが・・・
Commented by hanmaondo at 2007-04-18 22:45
う~ん、きょうの記事は力作だな。
江戸料理という内容もいいし、写真の完成度は
高いし、読んでためになるしで、ブログをやっていく
秘訣が全部そろっているようです。
あきさん、おそれいいりました^^)
Commented by まゆみ at 2007-04-19 00:36 x
あきさんのブログを見て、図書館で江戸料理の本を見たことがあります。
すっごく興味深くて、どれも素晴らしいものでした。
それをあきさん流にアレンジして、とっても美味しそうですね。
カボチャと小豆の組み合わせはバッチリだけど
それをゼリーで固めちゃうなんて。見た目がオシャレで食べるの勿体ないくらいです。
Commented at 2007-04-19 07:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-04-19 08:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-04-19 10:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぺがさす at 2007-04-19 10:58 x
待ってました! あきさんの江戸料理再現
今回もまた力作ですね!
南瓜と小豆のとりあわせ
ありそうで、ちょっと思いつかない
でも現代人が頂いても、とってもわかりやすく美味しいお料理とお見受けしました♪
あきさんのオリジナルの、小豆のゼリー寄せも見事です!
小豆大好き人間のあきさん、きっと小豆をみると様々なアイディアが閃くのでしょうね!
堪能しました♪(^_-)ー☆

*下の投稿、天使のらいずくん、相変わらずあまりの可愛さに見とれてしまいました!
Commented by al17 at 2007-04-19 12:35
♪ seisui様 こんにちは〜又ご覧戴き嬉しい限りです〜
このままずっとお願いします〜〜!!あはは。(^▽^笑)

<南京と小豆の、煮物って、自然食の世界では
よく登場する、栄養満点!と絶賛されてる定番料理ですよね。
そうなのですよね〜私もカボチャと小豆で煮る事は時々やりますが
江戸の昔に 色んな意味合いも含めて既にお粥に入れて居たと言うのですから
江戸時代の食に関する関心度の高さに驚きますね〜心にゆとりをも感じますね。
結構凶作の時も有った様ですが こうして栄養を一まとめにして知恵を
戴いていたのですね。

<ゼリー寄せのレシピ
こちらは夕べの内に簡単ですが追加をさせて戴きました!!
簡単ですので どうぞお試しになって下さいませね。
有難うございました〜又お料理は毎日UPしますので
是非ご覧下さいませ。がんばりますです〜ハイ!!L(@^▽^@)」
Commented by al17 at 2007-04-19 12:48
♪ hanmaondo様 こんにちは〜ハンマー音頭さん!!
うわっ 完璧なお褒めの言葉を戴き宜しいのでしょうか?
足がふらついて階段から落っこちちゃうかも知れませんよ〜有難うございます♪
でも 毎日はこんな風にはいきませんので そこの所許して下さいね〜(笑)
この本を見ていると TVもラジオも無かった時代だけに 食に関する思いは
色々な形で楽しまれていた事が伺えて 良いなっ〜て思います。
素敵なコメントが励みになります。有難うございました、L(@^▽^@)」
Commented by p_chansblog at 2007-04-19 13:53
ハンマー音頭さんと同様に感じましたね。
ブログ記事構成の完成度が高いです。 料理だけでもダメだし、
写真だけでもダメだし、日記だけでもダメだし・・ この記事では
全体のバランスがとても良く取れて質も高いと思いますよ。 
ただ、すこしスキが無さ過ぎるかな・・ あえてツッコミどころを作って
おくというのは・・ 関西人の考え方か・・(苦笑)
Commented by srakko at 2007-04-19 15:24
あきちゃん、こんちゃ~
すご~~い、匠先生からお褒めのお言葉が~~(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

おぉ、ハンマ-音頭兄さんからも、高い評価を頂いてますね~☆⌒(*^-゜)bグッ!

私のほうは、マクロに偏りすぎでは?との先生からのご指摘があって今模索中なの・・・(;^_^A アセアセ・・

あきちゃんお、お料理の見せ方や写真の撮り方とっても勉強になります~
ありがと~d('-^●)☆スペシャルサンクス☆(●^-')b

↓お孫さんですか?
初めまして~~
可愛いですね~
でも、こんなに大きなお孫さんがいらっしゃるなんて、びっくりでした~(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ
Commented by al17 at 2007-04-19 16:36
♪ まゆみちゃ〜んこんにちは〜!!
図書館でご覧になって戴いたなんて 嬉しいですよ〜江戸料理の掲載も
今回で3度目ですが 江戸の人々は素材をとても大切に愛おしむように 作っていたの
ですね〜感激しましたでしょ。お塩だけの味付けのお粥ですが
大変美味しかったです。食の進まない時でも食べられそうです〜
あずきは一袋煮ちゃいました!!又バリエーションで登場します。(笑)
カボチャも小豆も多めに煮ましたから ぜりー寄せを思い付いたのですが
生クリームも絞っても良かったかな?シンプルでこちらも美味しかったです〜
いつも嬉しいコメント有難うございます(*^_^*)
Commented by al17 at 2007-04-19 16:51
♪-04-19 07:23 鍵様 初めましてお越し戴き足跡を残して戴けて
大変嬉しいです〜!!そうでしたか。。。突然の事でしたね。
やはり色々と時間に追われるようになったのかな?と思います。
娘に伝えたら きっと喜ぶと思いますので そのまんま添付お伝え致しますね。
娘は2人おりますが どちらも料理が大好きで一緒に暮らしていた頃は数多くは
作りませんでしたが 心に残ってる物もしっかりと受け継いでいたり 又Rママの
方は センスも抜群で親の私を越えましたね。親ばかです〜あははっ(笑)
大変お世話になりました。素敵なコメント本当に有難うございました〜!!
宜しかったら又お立ち寄り下さいませ。
Commented by al17 at 2007-04-19 16:59
♪04-19 10:27 鍵様 こんにちは〜いつも有難うございます。
きっとこれでしたら喜んで戴けそうな気が致します〜!!
是非とも喜ばせて上げて戴きたいと思います。 お腹にも宜しいのでは
無いかと思いますよ。早く元の体調に戻られるようにお祈り致します〜
頑張りましょうね〜連休はふっと気分転換をなさって下さいませ。(*^_^*) 
Commented by al17 at 2007-04-19 17:18
♪ぺがさす様 ぺがちゃん嬉しいです〜

<待ってました! あきさんの江戸料理再現
今回もまた力作ですね!
待ってました!ですか。その一言があきにパワーを下さるんですよ〜!!
ぺがちゃん 私はレシピの無いレシピが得意なのですが ちょっと時間を
見つけたら 本当はいつも事細かに書かないと中途半端な掲載になりますが
いつも思っては居るのですが時間が今も目一杯ですみまsえん。 
しかし江戸料理はそうは行きませんね。私のオリジナルでは有りませんので
ちゃんとお伝いする 義務が有りますね。それで踏ん張ってみましたよ〜!!(笑)
これからも頑張って参りますので宜しくお願い致します。
らいずも見て戴けて良かった〜可愛いいでしょっ ふふふ☆
バーバはそのお言葉を待っていました!!
あははっ完全な婆バカで許して〜いつも有難うございます(-_^:)
Commented by al17 at 2007-04-19 17:33
♪ p_chansblog様 こんにちは〜何ともHI キーでお褒めを戴いちゃいました!!
まだまだ ホントは書きたい お知らせしたい当時の出来事なども絡ませたい
事が有りましたが 晩ご飯も作らなくてはいけないし 長く書く事は今の私の
現状では指南の技と言った部分が有ります。
いつも匠ちゃんのブログを拝見し 密度の高さに感服致しております。
突っ込みですね。はい!!これからは「私はここに料理の原点を見た!!」
みたいに(笑)クライマックスの部分を入れましょうか?いつも素敵なアド
バイスを戴き感謝申し上げます。有難うございました。(*^_^*)
Commented by al17 at 2007-04-19 17:43
♪-04-19 08:16鍵M様 ご免なさいませ〜
今回順不同なコメントになってしまい
ました。そそっかしいのでお許し下さいね。

お気に召して戴けてとっても嬉しいですよ〜
早速ご活用戴けるなんて最高です〜有難うございます!!
お役に立てて良かったで〜す♪ラッキー(~▽~喜)わーい
頑張り甲斐が有ると言うものですよん♪
どうぞお仕事頑張って下さいね。L(@^▽^@)」
Commented by al17 at 2007-04-19 17:57
♪ srakko様らっこちゃ〜んいつもありがとう〜
匠先生も「お料理のお写真はもう大丈夫。凄く良くなった!!
昔はひどかった」(笑)とハッキリと言って下さいますので 
これは嬉しいですよ。旨く撮れないで悩んだ日々も有りましたが
匠ちゃんがそんな時からずっと見守ってご指導を下さいました〜
足を向けて寝られませんね。(>w< )お外のお写真はまだまだですので
一緒に頑張って行きましょう〜
私にも孫がおりました!!あはっ 
宜しくお願い致します〜(^0^)」チャオ!
Commented by tablemei2 at 2007-04-19 19:41
ワッ!とっても素敵ですね^^
グラスに和のゼリー☆
アキさんのセンス、私も真似させて下さいね^−^*
Commented by al17 at 2007-04-20 16:34
♪ tablemei2様 こんにちは〜meiさ〜ん!!
お返事が大変遅くなりました〜
いつもmeiさんのアイディアには度肝を抜かされていますよ〜
センスも抜群のmeiさんに褒めて戴けて嬉しいです〜
有難うございました〜(*^_^*)
Commented by Y子 at 2007-04-20 17:26 x
今、阿佐ヶ谷の漫画喫茶にいるよー。
かなりきれいな液晶モニターでネットしてて、写真がきれいなのでびっくり!

お母さん、がんばってつくってたものねー。
美味しかったよ!
またつくってね♪
Commented by al17 at 2007-04-21 01:01
♪Y子へ コメント有難う〜
<かなりきれいな液晶モニターでネットしてて、写真がきれいなのでびっくり!
そうなの?良いわね〜お互いにパソが古いもんね。(笑)
今度私もマンが喫茶で見てみたいよ〜!!今日はその界隈にお泊まりだね。
明日のイベント楽しそうだね。今日はお友達と飲み過ぎてるんじゃないのかな?
お友達に宜しく伝えてね。「お話が出来て嬉しかったですって。」あははっ
お料理は365日 これからも頑張るから楽しみにしていなさい!!えへん
(^▽^笑)きゃははは あなたも又作ってね〜じゃあ気をつけて。
明日又電話頂戴!!都合で迎えに行けるかもよ。

Commented by hermes_sawa1 at 2007-04-23 14:19
こんばんわ。江戸料理、自然食って感じですね。で、お味はいかがでした
か?きっとおいしかったんでしょうね。「カボチャと小豆のゼリー寄せ」、写
真が洒落てます。ご馳走様でした。
Commented by al17 at 2007-04-24 09:32
♪ hermes_sawa1様 お早うございま〜す!!
お返事が大変遅れました〜出張中にお越し戴き大変嬉しいです〜(*^_^*)

<江戸料理、自然食って感じですね・・・・・
江戸の昔の方が心豊であったような気がしますよね。とても優しいお味で
よかったですよ〜!!写真が洒落てますか?嬉しいなっ!!
もっと頑張ります〜(笑)いつも励みになっています〜有難うございました。
お仕事もう少しで帰国ですね。頑張って欲しいです〜O(≧▽≦)Oいえーい!!!
Commented by oomimi_usako at 2008-04-26 11:04
こんにちは!先日初めてお伺いして以来、時間をみつけては、以前の膨大な記事をチラチラ拝見しては、楽しませて頂いております。
歌舞伎好きかつ、“食道楽”時代のお料理に興味のある私が、釘付けになってしまったこちらのカテゴリ!とっても遅ればせながらですが、黙っておりますことが出来ずにコメントしてしまいました。私もこのご本読んでみようかと思います。
Commented by al17 at 2008-04-26 11:42
♪ oomimi_usakoさ〜ん 初めまして〜ようこそお立ち寄り下さいました^^

江戸料理のカテゴリに 素敵なお言葉を戴きまして 大変嬉しいです。
江戸時代のスローフードは 実にお洒落で繊細 且つ優れた食文化で有った事に
この本を読んで改めて感激を致しました。是非お勧めしたいご本です。

以前からご覧戴いて居たなんて もう嬉しくて舞い上がってしまいました♪♪
お料理も原点に立って これからも精進して参りたいと思います。
又その内に 江戸料理の方も発掘して作ってみますね^^
これからも宜しくお願い致します。有難うございました。(*^_^*)
<< 羽根つき餃子/つまみネギトロ/... 愛しい天使 >>