カテゴリ:季節/郷土料理( 67 )

《旬采と郷土料理de晩ご飯》ツブ貝と高野豆腐の煮付け/ウド料理/お味噌汁など。

 今日の関東はやたらと温度が低いでは有りませんか~ブルブル>m<!
寒の戻りかな?やっと春めいて プランター葱達も新芽が青々と蘇ったり
椎茸がニョキニョキ嬉しい悲鳴でしたが・・・
早く来い来い春よ来い!!ですね。

そんな呑気な事を言って居られない 悲惨な事態になっているのがチリの
大地震ですよね。M8.5クラスの大地震と15分後に押し寄せた津波の被害
は 人々に逃げる隙間も与えず 建物ごと飲み込んで行きました。

想像を絶する大きな力が 突如としてマグマを煮え滾らせて牙を剥き 自
然界を襲う。又しても 大地震と津波災害の恐ろしさを改めて見せつけら
れました。

がれきの下敷きになっている人々を 早く救済して欲しい・・・
「パパを助けて下さい。」と幼子が泣き叫んでいる。

早急に もっと出来るだけ大勢の救済班を各国から送りだして欲しいです。
救援物資も大量に 治安も守って上げて下さい!!
そして ライフラインの復旧も合わせて宜しくお願い致します。

亡くなられた方々のご冥福を 心からお祈り致します。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
今日は 主人の大好物メニューから
<旬采料理/ツブ貝と高野豆腐の煮付け>のご紹介です。
=================================

良く出て来るメニューですので 今回はレシピを割愛させて頂きます。
すみません^×^!

1、ツブ貝と高野豆腐の煮付けです。
====================

ツブ貝は 煮付けるとトロリンと粘りが出て 高野豆腐との相性もバッチリ
ですね~とってもジューシーで お酒のお伴に ご飯のおかずにと堪らなく
美味しい一品ですね~!! 
実家 青森からのお取り寄せが未だ冷凍庫に眠っておりましたので 高野豆
腐に北のホタテもちょこっと入れて煮付けました。圧力鍋使用です。

b0033423_0481760.jpg

★材料=竹串に刺さっていたツブを外して・・・8個身をクルリンと抜いて
 切って 戻した高野豆腐3枚と 北のホタテも3個入れて煮付けました。

★味付け=和出汁/砂糖/味醂/酒/醤油/生姜の欠片3個です

b0033423_049372.jpg


2、ウドの皮と穂先の金平
b0033423_1102460.jpg

3、ウドの酢味噌和え
b0033423_1122090.jpg

4、スナップエンドウと豆腐の味噌汁
b0033423_1142461.jpg

★アキ流「絶品!!居酒屋レシピ集」発売中です♪
居酒屋レシピ集
★「ニガテ克服カンタンレシピ」もまもなく発売致しますので 宜しくお願い致します。
カンタンレシピ集
★ランキング参加中です。恐れ入りますがぼちっ!と応援をお願い致します。m(_ _)m
人気ブログランキングへ  TREview
by al17 | 2010-03-02 16:24 | 季節/郷土料理 | Comments(4)

旬菜《サバイバル料理三昧》P-2です。自生状態の画像も込みでお届けです。

先日旬菜《サバイバル料理P-1》のご紹介をさせて頂きましたが ご紹介後に
「イタドリはレッキとした高知の郷土料理っス。とji5islさんが素敵な地元なら
ではのご紹介して下さいましたよ〜☆新発見でとっても嬉しかったです〜^^

今日のご紹介は《サバイバル料理第2弾》です。(未だ言ってるの。)はい!!
=============================================

皆さんの良くご存じの食材なので サバイバルと銘打つのも何ですが 天然自生
の物を 昨日の土砂降りの雨の中 傘を差しカメラを首にぶら下げて採りに行く
事自体からして これは純粋なサバイバルでは無いかしら?なんて自負してしま
いました。「何も土砂降りに行かなくてもねぇ。。。大馬鹿さん^^」て お隣
の奥様も呆れ顔で笑っていました。そりゃそうだっ(^^)/☆(++ )バコ

雨の降る日は 食材が水分を含んでイキイキと そりゃぁ〜美味しそうに見える
ものなのですよ〜(゚ー゚)(。_。)(゚-゚)(。_。)ウンウン(^▽^笑)きゃははは

セリ摘みだけは今月一杯(蝶が卵を産み付ける。)ですから 最終となりました。



先ずは 今が旬の天然食材の採り立てをご覧頂きましょう^^

蕗/セリ/山ウドです〜♪
~~~~~~~~~~~~~~~~
b0033423_130921.jpg



旬菜《サバイバル料理三昧》のご紹介です。
===========================

1、蕗と豚肉の甘辛炒め煮餡かけ丼です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
〈材料〉
★蕗-----4本位(別におかずにもしますので大目) 塩を振り板摺りをして皮を
 剥き 食べ易い長さに切って さっと塩茹でにして水に晒し灰汁を抜く。
★豚肉----- 100g

〈調味料〉
★和出汁----- 1/2カップ
★麺汁-----1/4カップ。
★醤油-----少々
★砂糖-----少々
★酒-----−大匙2
★生姜汁-----少々
★七味-----少々
★トッピング-----茹で枝豆/紅生姜

※ごま油/サラダ油で 材料を炒めて上記調味料を入れて煮立て 最後に水溶き
片栗粉少々を回し入れて 餡かけにします。ご飯に乗せて餡かけ丼の出来上がり
です〜香り高くて 流石に雨降りの蕗は絶品でしたよ〜!!(^3^)
b0033423_1335577.jpg

2、山ウド/セリの天婦羅です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★今回オーガニックなお粉(全粒粉)2:コーンスターチ1に卵/牛乳/水を加え
 緩めの衣にして 浸けて揚げました。

★天つゆ-----和出汁 大匙4を煮立て 麺つゆ少々/醤油 大匙3/
 他大根おろしなど。

★塩昆布はおつまみです。
b0033423_140414.jpg

3、山ウドの酢みそかけ
~~~~~~~~~~~~~~~

4、セリの澄まし汁
~~~~~~~~~~~~
b0033423_1425736.jpg

5、セリ/山ウドのレモンシロップ煮には スイートチリも入れちゃったです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
おやつ代わりに食べたいかなぁ。。。なんて思って。おまけですね^^(笑)
b0033423_145627.jpg

自生しているまんまのお写真も 土砂降りの中撮りました。
下をクリックして頂きますとご覧頂けます。

きのこも生えてたよぉ〜何かな?ははっ!(^O^)

人気ブログランキングへTREview

ランキング参加中です。恐れ入りますがぼちっ!と
=================================
応援をお願い致します。m(_ _)m
=====================


       続きは次ページです。↓↓↓

More <<<<● 自生のまんまはこちらです●
by al17 | 2009-04-26 14:26 | 季節/郷土料理 | Comments(39)

旬菜《サバイバル料理編》です。大自然は皆のホスピタル〜見直そう食生活!!

昨日の 午後お隣の奥様を誘って野山に野草を採りに行って来ました。
大自然の中には食べられる植物が満載で 野趣溢れる料理は「医者要らず」と
も言われる程 パワーを秘めていますね。
今日は予てよりかさごちゃんからリクエストを頂いておりましたふきのとう料理も
合わせて作らせて頂きましたのでご紹介をさせて頂きますね。
かさごちゃん お待たせでぇ〜す(*^_^*)

人気ブログランキングへTREview
それでは 先ず大収穫の野草全体画像からどうぞです^^
★筆頭はセリですが お写真を撮り忘れましたのでその他をご紹介です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
b0033423_12515711.jpg

1、ヨモギ ヨモギの効用
★食べ方-----早春に摘んだ若芽又は大きくなったら葉先を重曹少々を入れて
茹で 草餅/団子/天婦羅など 又胡麻和えや酢みそ ヨモギ飯 お風呂に入
れても入浴剤になりますし 干して乾燥させてミルしますと お灸のもぐさと
なります。
b0033423_12534583.jpg

2、フキノトウ
=========
★もう開いちゃっていますが未だ凄い軟らかいんですよ。
用途も広く親子どちらも美味しいですね。
フキノトウ味噌/天婦羅/三杯酢/味噌汁何にしても美味しいですよね。
b0033423_1253574.jpg

3、タンポポ
========
★余す所無く全部食べられます。
年中食べられますが 春の若芽が特にパワーを秘めていて良いみたいです。
茹でて水に晒すと程よい苦味になりますね。
茹でて和え物/お浸し/バター炒め/お花は天婦羅/根はバター炒めや干して
煎ってミルしたら タンポポコーヒーになりますね。
b0033423_1254841.jpg

4、ギシギシ
=======
★サヤに包まれた芽出し部分のとんがり坊やを摘むのが最適です。
少しぬめりが有って中々美味ですよ。
お浸し/和え物/味噌汁/糠漬けなどに最適です。
b0033423_1253020.jpg

5、カラスノエンドウ
=============
★若い芽や葉を摘み取り/天婦羅/お浸しが美味しいですね。
初夏ではサヤを天婦羅にしたり/種は煮豆に出来ます。
b0033423_12543048.jpg

6、タネツケバナ
==========
★本当は葉の部分をお料理に使うのですが 試しにお花を採って来ました。
ちょっと花茎は固いので やはり越冬中/早春の葉をお浸しにするのが
お勧めですね。
b0033423_12532512.jpg


では いよいよ《旬菜サバイバル料理》と参りましょう!!
=====================================
下をクリックして頂きますとご覧頂けます^^
===========================

More ●こちらで〜す!!
by al17 | 2009-03-19 14:00 | 季節/郷土料理 | Comments(29)

《お袋の味》青森VS栃木です。郷土料理のご紹介です。

 《お袋の味》青森VS栃木で行ってみよう〜!!(笑)
って言いましても 我が家のそれぞれの想い出の味なのです。
今回は対決スタイルで作ってみましたのでご紹介をさせて頂きます。

今週のピックアップブロガ−に選ばれてしまいました〜!!
只今インタビューの模様がご紹介されてま〜す♪


私は栃木出身で 実家は専業農家で山育ちですが 主人は青森で 海育ちの漁師です。
結婚当初は 食べ物が全く違って居て「ええっ!!なまこ?ほや?もずく?@@!」
何て 驚く事ばかりでしたが お互いに飼い慣らしたかされたか?(笑)不思議な事に
妥協が見られる様になり(爆笑)やがては年月と共に丸く納まって行くのが夫婦なのかも
知れませんね。
皆様のお宅では 食べ物の好みが全く違うって事はありませんでしたでしょうか?
その辺もお聞かせ頂きたいですね^^


では青森の主人の好物で《助宗鱈の甘辛煮付け》から行きますね。一応顔を立ててね^^

主人はちなみに 助宗鱈の干物(丸ごと)を叩いて炙ったのも 千切りながら ちびちびと
お酒の肴にするのも大好きです。

「これをお袋が良く煮てくれたんだよなぁ。。。」

しみじみ飲めば しみじみと〜ぉ ぉぉぉ〜♪ 想い出胸に 突き刺さるぅ〜ううぅ〜♪

昔話に突入しちゃいますね〜親と同じ年代になったと言う事ですよね。うんうん。

★全部で5切れ有りましたが 翌日のお弁当にも詰めて上げて 私の口にはあれれっ?
 入る事も無かったです。ここは鱈好きの主人に 全部食べさせて上げたって所です。(笑)

★鱈(輪切り)-----熱湯をかけて湯引きをしてから煮付けますと魚臭く無くて美味しいですね。
★昆布/鰹の和出汁-----2カップ
★砂糖-----大匙5
★日本酒-----1カップ
★味醂-----1/3カップ
★醤油-----1/3カップ

★片栗粉-----大匙1
★生姜の欠片叉はスライス-----適量
★鷹の爪-----3本は切らないで丸のママ入れます。

※上記材料を圧力鍋で煮立てて 鱈を入れて重りが揺れたら弱火で20分→
 自然放置をして→再加熱 とろ火で10分→蓋を開けて少し強火にして
 汁を絡めて出来上がりです。柚子の千切りを乗せて香り高く仕上げました!!

お好きな方はどうぞ〜召し上がれ〜♪
b0033423_15593399.jpg

お次はあきちゃんの栃木のお料理で《野生きのこの五目飯》です。
野生きのこで作って貰った 母の美味しい《野生きのこの五目飯》が未だに
忘れられずに 先日はとうとうこれを作りたくて山に入ってきのこ狩りをして 
念願を達成したばかりですが 今度は なんと!!ヒラタケを農協で見つけち
ゃったので叉作ってしまいました。(笑)

5〜6人分の五目飯が出来ます。(ご近所にもお裾分けをしました。)

《材料1》
〈酢飯を作ります。〉

★お米-----3カップを磨ぐ。
★昆布-----6センチ
★塩-----少々

※いつも通りの炊飯でご飯を炊きます。

〈合わせ酢を作る。〉
★砂糖-----大匙5
★酢-----80cc
★塩-----小匙1
★柚子の絞り汁-----少々

※うちわで仰ぎながら 合わせ酢をかけ 切る様に混ぜます。
b0033423_16392571.jpg

《材料2》
★ヒラ茸(シメジ属)-----1袋分(代用は椎茸5〜6個)山のきのこは手で裂く。
★銀杏-----1袋。トッピング用です。
b0033423_16143013.jpg

《材料3》
★北のホタテ薫製-----2粒は細かくほぐす。(頂き物が余っていたので使います。)
★鶏コマ肉-----150g 更に細かく切る。
★ささがき牛蒡-----1/3本分
★ささがき人参-----1/2本分
★油揚げ----2枚(熱湯をかけて油抜きをして千切りにする。
★柚子の千切り----少々 トッピング用煮使います。
★茹で法蓮草-----少々 トッピング用煮使います。

※材料の1、と2、のトッピング用は別にして置きます。 

★サラダ-----油大匙3/ごま油-----大匙2残りの具を全部炒めます。
★良く炒めたら----和出汁-----1/2カップ/味醂-----大匙3/砂糖-----大匙4
/醤油-----大匙4/塩-----少々で味付け 少し濃いめの含め煮にします。
b0033423_16302081.jpg

★酢飯と炒め煮にした具を混ぜ合わせます。
b0033423_16505556.jpg

★こんな感じで大振りに 大胆に混ぜるのがポイントです。
b0033423_16521725.jpg

★仕上げです

※器に混ぜた五目飯を盛り付けで白ゴマを振ります。
 茹でた法蓮草/千切り柚子/銀杏はソテーして塩胡椒し 和出汁を少々かけ
 て少し蒸らしてからトッピングです。

☆ご近所さんから「美味しくて感動しました〜!!」とお褒めの電話を頂きました。
私の中の18番料理です。

どうぞ〜お好きなだけ召し上がれ〜=^-^=
b0033423_16575051.jpg

《奴頭の煮っ転がし》です。

★奴頭-----1個分は皮を剥いて食べ易く乱切りにし 塩で揉んでから甘辛い煮付
 にします。
★コンニャク-----1/2を五目飯に入れる予定で買ってきました入れ忘れてこちら
に削ぎ切りにしていれました。

こってり滑らかで美味しい《奴頭の煮っ転がし》もお袋の味です。
b0033423_1743263.jpg

今日もご覧頂きまして有り難うございました〜♪
《グルメ・料理(全般)ランキング》9位
b0033423_23441174.gifTREviewこちら1位です。Wぼちっとお願い致します。m(_ _)m
by al17 | 2008-11-20 17:21 | 季節/郷土料理 | Comments(54)

お袋の味 晩ご飯のご紹介です。/短歌

  語ると泣けて来そうで。。。 今日は何も書かない事にします。
メニューのご紹介のみですみません。m(_ _)m

1、烏賊腸入りの大根煮

追伸:今回の大根煮は 烏賊とお腹の腸も入れていますので 見かけは
しょっぱそうな色合いになっていますが 食べると濃く無いのですよ。
腸を入れ込む事で 凄いコクの有るお味が楽しめます。
腸を捨てないで 是非試し下さいませ。

2、こってり鯖の煮付け 焼きネギ入り

3、ズイキと油揚げの甘辛炒め煮

4、モロヘイヤのお浸し&煮卵



b0033423_1340478.jpg

b0033423_1341562.jpg

b0033423_13411643.jpg

b0033423_13413034.jpg

昨日のアクセス数:1800
今日迄の全体では:322969
《グルメ・料理(全般)ランキング》
b0033423_23441174.gifTREviewこちらもWぼちっとお願い致します。m(_ _)m
by al17 | 2008-11-11 13:52 | 季節/郷土料理 | Comments(30)

季節料理de晩ご飯のご紹介です。

 この所色々な季節の野菜を食べ続けていますが 今日もヘルシー
で 素朴な旬のお料理のご紹介です。
お若い方々には物足りないお料理かも知れませんね。

1、里芋の茎(ズイキ)の甘辛炒め煮です。

★今農協の直売所に行きますと1束100円でズイキが売っています。
 毎回5束位買って来ては 皮を剥いて切って天日に2日干します。
 長く干せば保存も可能ですが 主人が毎日食べても飽きない位美味
 しいって言うものですから 殆ど毎日甘辛い炒め煮にしています。
b0033423_9481265.jpg

《茄子とズイキの煮浸し》ノンオイル仕立てです。

★干したズイキ-----約3本分位
 水で戻して サッと塩茹でします。灰汁を良く洗って置く。

★茄子-----3個は縦半分に切って斜格子に切れ目を入れて更に半分
 に切る。片栗粉をまぶして置く。

★和の出し汁-----350cc

★砂糖-----大匙4

★塩-----小匙1

★味醂-----50cc

★七味/おろし生姜-----適量

※上記を煮立てて茄子とズイキを入れて→落とし蓋と蓋をして煮付ける。
b0033423_1052071.jpg

2、《とうがん料理》で こちらもノンオイル仕立てです。

★とうがん-----7センチ位の輪切りを使って綿を取り皮を剥いて食べ
 易く大振りに角切りにしました。

★牛カルビ焼き用の黒毛-----100g

★仕上げに茹でたアスパラを散らしました。
 お庭の 蕎麦の花を添えてます^^

※味付けは上記の《茄子とズイキの煮浸し》と同じですが 片栗粉は使
 いません。
 今回は牛肉を使いましたが 鶏肉の方がもっと相性が良かったですね。
b0033423_1016840.jpg


3、《はやと瓜/人参/茗荷のお漬け物》は 先日切ってお出ししちゃ
 いましたね。和出汁/麺汁半々に/醤油少々/塩適量で漬けました。

4、《おくらの花のポン酢醤油和え》
 おくらはサッと塩茹でをしてから 袴を取って 和出汁2:ポン酢醤油
 2:レモン汁少々で和えるだけですが これがシャキシャキで凄い美味
 しくて堪りませんが 直ぐに農協では売り切れて 次ぎが買えません。

 皆様も是非見つけましたら 召し上がってみて下さいませ。絶品ですよ。
b0033423_10272791.jpg

5、《鮪ずくしセット》
 後ろにちらっと見えるのがオクラの花のポン酢醤油和えです。
b0033423_10293312.jpg

6、《南瓜&ジャガイモ》のスープです。

和の出汁/味付けは塩のみで ネギを散らしました。

さっぱりと美味しく頂けるヘルシーな秋メニューのご紹介でした^^
b0033423_10322422.jpg

今日もご覧頂きまして有り難うございました。
只今8位です。恐れ入りますがぼちっと応援をお願いします〜o(*^ー^*)ob0033423_23441174.gif
TREviewこちら週間2位月間1位です。皆さん有り難うございます。
by al17 | 2008-10-06 10:43 | 季節/郷土料理 | Comments(22)

秋香る晩ご飯のご紹介です。

 昨日の晩ご飯のご紹介です。

1、《菊香るお酢の物》
ポン酢と和出汁で和えます。簡単!!です。

〈材料〉

★菊の花-----2パックはさっと塩茹でにして絞って置く。
★胡瓜-----1本は薄く輪切りにする。
★トマト-----1個は角切りにする。
★茗荷-----1個は千切りにする。

〈和えタレ〉

★ポン酢-----50cc
★鰹と昆布の出汁-----50cc
★塩-----少々
★レモン汁-----少々

※タレは 取り分けてから掛けてもOKです。
b0033423_11381318.jpg

2、《薄削り昆布/唐辛子/油揚げ/大根の甘辛炒め煮》

★頂き物の乾燥昆布適量を水で戻して使います。
★唐辛子-----ちっちゃい唐辛子でも辛いですから縦に割って種抜きを
 して5本用意しました。
★油揚げ-----1枚をせん切りにする。
★大根-----5cm位を拍子木に切って水に晒して使います。

※サラダ油/ごま油半々で炒めてから150cc位の和出汁で煮込みます。
味付けは砂糖/味醂/醤油です。
つやつやに煮含まったら出来上がりです。
b0033423_1145877.jpg

3、焼き魚《赤魚の開き》《南瓜と茄子のお味噌汁》です。
★大根おろしとカボスを添えました。

★お味噌汁の茄子は皮を剥いて余り黒く灰汁が出ない様にしています。
 南瓜も細かく切って先に入れて煮てから茄子を入れます。
 とっても美味しい仕上がりでした。
b0033423_11465965.jpg

4、旬のお漬け物です。《ハヤトウリ/ミョウガ/ニンジン》です。

スーパーでは余り見かけないハヤトウリは地元の農家の人の作られた
物で農協の直売所で今沢山売っています。
シャキシャキで漬け物に良く合います。この時期にハヤトウリが出回
るのを楽しみにしている位美味しいんですよ。

ハヤトウリ/ミョウガ/ニンジンを漬け込みました。
ハヤトウリは川を剥いても剥かなくてもOKです。1/4に切ると早く漬
かります。
これは卓上漬け物器で漬けました。翌日から食べられます^^

〈漬けタレ〉

和出汁2:醤油1:麺汁:1 の割合で混ぜ 塩大匙2も
加えて漬けます。
b0033423_11585164.jpg

今日もご覧頂きまして有り難うございました。
只今9位です。恐れ入りますがぼちっと応援をお願いします〜o(*^ー^*)ob0033423_23441174.gif
TREviewこちら2位です。皆さん有り難うございます。
by al17 | 2008-10-01 12:18 | 季節/郷土料理 | Comments(28)

旬メニューde和食膳です。

 今日はグルメな横浜中華街の記事も下に↓アップをさせて戴いて
おります。宜しくお願い致します〜!!

今日の2つ目のご紹介は 旬の食材を使ったメニューで 晩ご飯です。

1、《タラの芽とお揚げの煮物》圧力なべ使用です。

☆油揚げ2枚は熱湯をたっぷりと掛けて 油抜きをして横3等分にし
 更に三角に切ります。
☆タラの芽5本は袴の固い部分を皮剥きして使います。
 少し粗塩を掛けて 軽く板ずりをして 水に浸けてパリッとさせます。

※圧力鍋にかつお節と昆布の出し汁を1カップ位煮立てて砂糖大匙4/
 麺汁1/4カップ/味醂/1/3カップ/醤油と塩は適量/七味少々で
 味付けして 圧力鍋の蓋をしてとろ火で10分位煮て 自然放置し
 食べる時に又軽く加熱して お味の調整をします。
タラの芽は 天婦羅にしても煮ても 今最高に美味しいですね。
b0033423_15142943.jpg

《蕗と豚肉の甘辛炒め煮》

☆蕗5本(中位のサイズ)-----半分に切って粗塩を掛けて板ずりをして
 軽く茹でてから 洗って調理します。
☆豚コマ肉-----160g
☆生姜汁----大匙2

※先ずはフライパンにサラダ油とごま油半々で材料を炒める。
 和の出し汁を注ぐ→豚肉の臭み消しに生姜汁を入れる。→以下味付け
 は上記と同じですが こちらは→時々灰汁を掬い取ながら煮ます。
 蕗と豚肉の相性もバッチリです。旨い!!(笑)
b0033423_15145459.jpg

《あさりと大根/ブロッコリーのチーズクリームソテー》

☆あさり-----1パックは薄い塩水に浸けて置いて洗う。
☆千切り大根-----水にさらす。
☆ブロッコリー(小)-----10個は軽く塩茹でにする。
☆ニンニクスライス-----2欠け分
☆牛乳/生クリーム/塩胡椒/醤油/ピザチーズ/白ワイン適量

※フライパンにサラダ油を敷き→ニンニクから炒める→白ワイン
 でフランベ/その他の材料を入れて炒め→粗挽き塩胡椒→牛乳
 少々/生クリーム/最後にピザチーズ少々で絡める。お醤油は
 隠し味です。こちらもさらっとした中にコクを感じる仕上がり
 で 大変美味しいです。
b0033423_15374628.jpg

その他お刺身少々/雪くじらの酢みそ/もずくなどです。
b0033423_15581112.jpg

b0033423_11403972.gif 恐れ入りますがぼちっと応援をおねがいいたしま〜す('-^)
by al17 | 2008-04-14 15:45 | 季節/郷土料理 | Comments(24)

晩ご飯は和食でした。竹の子の中華風炊き込みご飯/季節の天婦羅/秋刀魚/サラダです。

 今日の厚木は素晴らしい青空に恵まれています。
昨日の雨で お空の洗濯が出来たみたいですっきり爽やかです。
こうなると主婦は 家事が忙しくなりますね。
午前中に家の事を頑張って 午後からお花見でも行きたいです。
未だ桜は散らないで居てくれるかしらね^^

今日の晩ご飯も 昨日と似た様な和食ですが ご紹介させて下さ
いね。宜しくお願い致します〜♪

《竹の子の中華風炊き込みご飯》です。

水煮の竹の子と山菜MIX/油揚げ/牛蒡/人参/コンニャクなど
が入っています。至ってヘルシーな炊き込みですが ご飯と材料
を炊き込む時に ごま油を大匙2/ホタテの貝柱/バリ島の塩/
昆布5cm角2枚/お酒1.2カップ/麺汁とお醤油各大匙2を入れ
て お米は3カップで炊き上げました。
ごま油を入れた事によって 風味としっとり感が出ました。
盛り付けてから 野沢菜のわさび漬け/紅生薑/黒胡麻塩を散らし
て戴きました。さっぱりと幾らでも食べちゃう田舎風味でした。
b0033423_11333267.jpg

《たらの芽/椎茸の天婦羅セット》です。
天婦羅の衣には卵/牛乳/バリ海塩を混ぜ込んでいます。
たらの芽は農協の即売所で買いました。今が旬で凄く美味しいです。

ボイルホタテの甘辛ソテー餡かけ(バターソテーしてから甘辛餡です。)
ポテトサラダ/ロースハムも添え付けました。
b0033423_11393365.jpg

天婦羅が少ないので お庭のセリも追加で天婦羅にしました。(笑)
セリの天婦羅もカリッと揚げたら凄い良いお味ですね。
b0033423_11412437.jpg

焼き魚は 秋刀魚の干物(一夜干し)です。
たっぷりの大根おろしとレモンをキュッと絞って戴きました。
後ろは菜の花のお浸しです。
b0033423_1144490.jpg

最後は豆腐とパリパリお揚げのサラダです。
プランター栽培のサラダ法蓮草をたっぷり生で盛り付けました。
油揚げは湯を掛けて 古い油を落として水分を拭いて 揚げ直し
ました。揚げている時は凄いふわふふわに膨れて嬉しくなりますよ。
揚がると カリッとソフトで食感も最高です。
絹豆腐を盛り付けてタレを掛けて戴きました。
タレ=ごま油/醤油/レモン汁/酢/塩胡椒/胡麻で混ぜたものです。
b0033423_1151035.jpg
恐れ入りますがぼちっと応援をおねがいいたしま〜す('-^)b0033423_11403972.gif
by al17 | 2008-04-01 11:56 | 季節/郷土料理 | Comments(22)

自然の恵みで晩ご飯です。フキノトウの天麩羅/セリの辛子酢みそ和え/蕗の甘辛炒め煮他です。

 晩ご飯の画像も溜まってしまいましたので 今日は2回めのUPを
させて戴きます。
今回は自然の恵みを使って お料理です。
0円のフキノトウやセリを摘んで来ない手は有りませんよね。
野趣溢れる香りが お口にぱぁ〜っと広がって最高です。
野草を摘み捲り 仙人みたいに生きたろか〜!!が憧れです。(^0^)

先ずは《フキノトウの天麩羅》です。
山採りのフキノトウはもう花が開いちゃって居ましたが 根元の部分
が草に被われて居たからか 全体に凄く軟らかくて美味しかったです。
今回は 天婦羅粉/牛乳/水少々/卵/バリ島の海塩少々が衣です。
b0033423_1735215.jpg

《セリとカニカマの辛子酢みそ和え》
庭採りのセリでとても軟らかいので 沸騰したお湯にさっと1分位
くぐす程度にして 今回は和辛子/砂糖/味醂で溶いた味噌/酢/
白だし少々で さっぱりと和えました。
b0033423_17411697.jpg

焼きサバです。
今回は焼き具合をお見せする為に背中を上にして盛り付けました。
大根おろしと レモンをキュー−ーッと絞ってお醤油ですね。
脂の載ったサバは最高に美味しいですね。しかも100円!!とは
嬉しい主婦の味方です☆
b0033423_1742529.jpg

《菜の花とえのき茸の胡麻和え》です。
どちらもサッと茹でて水気を絞り砂糖/摺り胡麻/醤油/出汁少々
で和えました。
b0033423_17485651.jpg

《蕗と油揚げの甘辛炒め煮》です。
蕗は半分に切って皮を剥いてから 粗塩を振って板ずりし さっと
塩茹でします。→少し水にさらしてからサラダ油/ごま油で炒めて 
出し汁少々/砂糖/味醂/醤油で味付け→唐辛子少々を入れて少し
蓋をして良く味が染みる迄煮ます。→蓋を取って火を強めて 照り
を出したら出来上がりです。旬の物は本当に美味しいですね。
香りも最高で 腰が有って良いですね〜☆
b0033423_17565191.jpg

お漬け物が切れたので 茄子の塩揉みです。

下には焼きスパをUPしていますので 宜しかったらご覧下さいませ☆
b0033423_17575278.jpg

恐れ入りますがぼちっと応援をおねがいいたしま〜す('-^)b0033423_11403972.gif
by al17 | 2008-03-31 18:04 | 季節/郷土料理 | Comments(24)