【オム焼きそば】一人昼ご飯です♪

 今日のご紹介は 【オム焼きそば】一人昼ご飯です♪



お料理のご紹介
たまには焼きそばが食べたいなぁ!!ってね^^
オム焼きそばにしちゃいました^^
ウマウマ~♪ 中には菌床栽培の ジャンボ椎茸を
入れてます~!(^^)!


先ずは 仕上がり画像からご覧下さい♪
b0033423_17414154.jpg

b0033423_1742641.jpg


オム焼きそばレシピ-----2人分


材料/調味料A

@黒豚肉-----120g
食べ易くカットする。

@キャベツ-----1/4カットのざく切り

@人参-----千切りにして適量

@自家栽培のジャンボ椎茸-----1/2枚分
大まかなサイズに切る。

@日清焼きそば-----2玉と粉ソース


△ガーリックオイル-----大匙1




材料B オムラたま

○卵-----2個分

○ケチャップ-----小匙1

○マヨネーズ-----大匙1

○麺つゆ-----小匙2

卵と調味料を良く混ぜ合わせて置く。


その他 

△焼き油 オリーブオイル-----大匙1

●トッピング小葱-----刻んで適量

●ケチャップ-----適量




作り方

①フライパンを熱し オリーブオイルでお肉から
 炒めて⇒人参⇒麺を湯通しして水気を切って
 入れ⇒椎茸を乗せて炒める。
b0033423_18175887.jpg


②添付のソース2袋を入れて 香ばしく炒め上げる。
b0033423_18183497.jpg

③焼きそばを器2つに盛る。
b0033423_1820755.jpg

④○の混ぜた卵を ふわっと1分焼いて③に乗せて
 ケチャップをかけて 小葱を散らし完成です。

今回使いました菌床栽培の椎茸ちゃんは ツイン
で肉厚で~驚き!!手の平2つ分と大きく 半分
使いましたヾ(^▽^)ノ
b0033423_18244050.jpg

b0033423_1825858.jpg




***********************************
【⇓下記の4つのランキング】に参加中です。
恐れ入りますが ぼちっ!と応援をして頂けますと
凄い励みになります。宜しくお願い致します
m(_ _)m

人気ブログランキングへ 簡単レシピ検索・ファインディッシュ 投票ボタン
Top Food Blog
=================

★最近こちらにも投稿をさせて頂いてます♪
世界に発信!【グーグル+】


**********************************
■【あきレシピ集】も好評発売中です~バナーをクリック!^^♪
======================
ノベルティ向けレシピ集
ノベルティ向けレシピ集
**********************************
★ブログフォトお手本ブック ~カメラ女子的キレイ写真術~にも登場!
「カメラ女子本」はこちらにて。b0033423_3495875.jpg

最後迄おつき合いを頂きまして有り難うございました。(*'▽’)/
by AL17 | 2015-03-27 18:26 | 昼/麺類/一人ご飯 | Comments(4)
Commented by ryuji_s1 at 2015-03-27 18:46 x
あきさん
オム焼きそば
素敵な焼きそば
おいしそうです
素晴らしいです
Commented by satorisu at 2015-03-28 00:11 x
あきさん、こんばんはぁ☆

大きくて肉厚の椎茸ですね♪
オム焼きそばに入れたら旨みが出て美味しいんだろうなぁ。。
きのこまで栽培されているなんて凄すぎます!!(^O^)
Commented by AL17 at 2015-03-29 20:47
☆ ryuji_s1 さん こんばんは^^
農作業が忙しくて お返事が遅くなりすみません!(^^)!
野菜もお花の世話も 陽気が良くなり1日中やってます~
椎茸栽培も家の中と外で 交互に採れて嬉しいですよ♪
オム焼きそばが 滅茶美味しくて嬉しかったです~

いつも素敵にお褒め下さり応援も有難うございます(*^^)v
Commented by AL17 at 2015-03-29 20:52
☆ satorisu さん こんばんは^^
キノコ栽培も 数年前に原木栽培の講習会に行ってから
填って居ます~今年は菌床栽培と掛け持ちで 交互に
収穫出来て どちらも凄い肉厚で市販では味わえない
美味しさが嬉しいです~^^
肉より椎茸が目立ったオム焼きそばでした~(笑)

農作業が忙しくて お返事が遅くなりすみませんでした!(^^)!
いつも素敵にお褒め下さり 応援も有難うございます(*^^)v
<< 常備菜で お助けもう一品!!【... 趣味の陶芸『先日のホウレン草の... >>